初めて「ライオンのつもり」を訪問して下さった方へ

このブログは、保護犬だったワンコの「第2の犬生」を綴ったものです。

2006年12月、保護団体さんのお陰でジルは殺処分を免れました。

獣医さんの診断によると、保護当時推定2才。

6kg超の巨体でしたが、一応「ポメラニアン」ってことでした。

短く刈られたその姿はまるでポン・デ・ライオン!

売れられたケンカは必ず買う!激しい気性はまさにライオン!!

でも本当は、ビビリンボで寂しがりやなワンコでした。

詳しく知りたいと思って下さった方は "ジルについて" からお入り下さい。

「ライオンのつもり」を駆け足で読むなら "総集編" もオススメです♪

「保護犬って何?」と思われた方は "こちら" も読んで下さると嬉しいです。

どうしても仔犬からじゃないとダメですか?

いつもジル写真をいじって、おちゃらけた記事ばっか書いてますが、
今日はちょっと特別に、ジルの良いところを書いてみます。

ジルは、駆けっこ大好き!ボール遊びも大好き!
嬉しい事があると、ものすごい脚力で大ジャ~ンプ!
持久力や垂直跳び選手権なんかがあれば、ぜったい優勝モンです。

でも、
食卓に上がって食べ物をかっさらったり、
そばで人が食べてるものを強奪したり、
ソファやクッションを破壊したり、
ゴミ箱をひっくり返したり、、、etc.
いたずらは「絶対」にいたしません。

私が教えた訳ではありません。
我が家にきたときから、オトナの分別をちゃんと持ってるコでした。

jil_makura

 ▲自分のおもちゃ以外は絶対に破壊しないジルくん


室内トイレだってすぐ覚えてくれたし、
今では、結構長いお留守番でも、ちゃんとできます。


ある日、ある人が、私にこう言いました。
「里親だと、タダ同然でもらえるってホント?」

里親になると一口にいっても、実は結構大変な道のりです。
最近は、里親募集サイトや仮親さんのブログなどが充実してきて
情報があふれてる分、誰でもすぐ里親になれると錯覚されがちですが、

いくら「絶対このコがいい!」と決めたって、
そのコの里親になれるとは限らないんです。

我が家の場合を例に挙げると、
初めて里親希望を申し込んだコは、関節に障害のあるコでした。
今は生活に支障が無いけれど、普段から気をつけるは山ほどあるし、
将来想定される不幸な可能性、医療費などの経済的負担etc.
全てを加味して、覚悟をきめた上での、申し込みでした。
でも「お留守番の時間が長過ぎる」という理由で却下されました。

次に希望したコは、申し込んだものの、お返事が来ませんでした。
かわいいコだったので、申し込みが殺到したのかもしれません。

なんとか、お見合いまでこぎつけたコもいました。
でも「初心者にはとても手に負えない」という理由でまたダメでした。

仲介してくださるボランティアさん達も、必死なんです。
こんどこそ確実に幸せをつかませるため、どんな妥協もしてくれません。

それが分っていても、やはりダメだった時のダメージは相当なものでした。
何度も何度も「ダメ」が続き、その度に心底ガックリきていたので、
ワンコを飼う事自体、諦めかけるところでした。

ジルの時は、譲渡条件に「共稼ぎ夫婦はご遠慮ください」とありました。

でも、ポメとは思えない貧相な体と強い瞳が記憶に焼き付いてしまい、
どうしてもどうしても諦めきれず、これで最後にしようと決めて
せいいっぱいの思いを言葉に託して申し込みました。

jil_ginger

 ▲保護当時の貴重な写真。
  ボランティア団体DRCTさんのご好意で掲載許可をいただきました。


あまり期待すると、ダメだったときのショックが大きいので、
お見合いまでこぎつけた時も、なるべく冷静でいようと努めました。

ジルが想像以上にデカかったので、何かあった場合に
私でも抱っこできる重さかどうかを確認させてもらって
お見合いは終了しました。

ジルのド迫力にタジタジだったのはバレバレだったので
今回もダメだろうと思いながらも、トライアル希望の旨を伝えました。

そして、うちのコになることでジルが幸せになれるなら、
どうかこの縁をつなげてくださいませませ・・・
・・・とヨロズの神さまに祈り続けました。

そして、信じられない事に!縁はつながっちゃったのです!!!

ジルを迎えた当初は毎日が戦争のようで、
誇張ではなくホントに育犬ノイローゼ一歩手前までいきました。

でも、ヨロズの神様が縁をつなげてくれたんだから、
うちのコになったのは必然なんだ!
だからこれからどんどん良くなるはずんだ~!!
というヘンテコな確信だけはありました。

今振り返ってみると、ジルも私たちを試していたんだと思います。
血が出るほど噛んだりしたのも、一度や二度では無かったし、
般若みたいな「コエ~面」で、威嚇してきたこともありました。

jil_waru

 ▲私たちの信頼を、試していた頃のジル。


今でもトラウマらしきものは、見え隠れしてますが、
今まさに第二の人生を歩んでいる事実を、ジル自身が理解している
ということが、ちゃんと私たち家族に伝わってきます。

日々、信頼関係が強くなってることも実感しています。




 ▲当初の、せいいっぱいの「おねだり顔」がコレ(笑)
  固いよ~!ジルちん~


仔犬から育てたいと思う人の意識を変えたいわけじゃありません。
ペットショップだって、売れ残っちゃったコは処分されちゃうもの。

ただ・・・
成犬だから、という理由だけで敬遠して欲しくないだけなんです。
成犬だって、ちゃんと躾もできるし、強い絆で結ばれることができます。

共に暮らす事の大変さは、仔犬でも成犬でも変わらないと思います。

里親という道を選ぶと、初期費はわずかで済むかもしれませんが、
ジルの場合は、医療費や教育費でお金はどんどん飛んでいきました。

jil_lead

 ▲大好きな先生とトレーニング中のジル。


初心者には、成犬の方がオススメですよ、と書いてある本もあるくらいです。

正直、ジルの子ども時代を見てみたかったな~って思うことはあります。
でも、私たちにとっては「今のジル」がジルの全て。
子どものころはブッサイクな顔で、見ない方が良かったかもしれないし。

なんだか、まとまりのない文書になってしまいましたが、
最後まで読んでくださってありがとうございました。

このブログを読んでくださった全ての人に、ジルの強運が伝染しますように♪
pagetop

Comments

わかります

ねおも先日記事にしましたが、うちに来た子も、最初の子以外全部成犬になってからでした。
躾も難しいし、やはりかわいかっただろうパピー時代も見てみたかったなぁ~・・・とは思います。
でも、やはり縁があって大人になってから出会ったんだなぁ~♪と思ってますi-228

ポメ20匹・・・心配ですね。
全員いい里親さんが見つかりますようにv-354
ネオ君の強運もわけてあげたいですね(笑)

20匹のポメさん心配ですよね!
幸せになれるといいですね。
でも、何故先住犬がいると駄目なんでしょう?
上手くいっているご家族も沢山あると思うのですが。。。

ジル君も長い道のりを経て今のジル君があるのですね。このような体験談がもっと色々な方の目に触れるといいなと思っています。

ジルさんの気持ちわかります
我家も亮一郎は保健所さん経由だし
老人の方が室内で 大事に飼われてたので
触ってあげてないと寝ない 吼える・・色々
大変だったそうです
そのコロ あたしは違う場所ですんでいたので
・・・
さくらも 売れ残りですでに6ヶ月越えてました
やっぱり子犬のかわいい時期から・・・って
気持ちもわからなくはないんですけどね
素敵な縁 大事にしたいですね^^
あたしも さくら達と暮らし始める事になったのも
何かの縁だし^^♪
さくらも 後から来たあたしに噛んだり
今でも悪さはしますが(^▽^;)
徐々に素敵な関係をつかんでいきたいですね
あのポメちゃん達だけとは言わず・・・
すべてのワンコが幸せになれるといいね^^
ジルちんも今じゃ すっかりいい顔できるようになったもんね^^

子犬からの方が大変かも。。。

ポメ×20の転載ありがとうございます。
さて、私が始めて飼った子は1年6ヶ月の狆でした。
ショーに出すには大きくなりすぎたからとのことで、
父が会社の同僚から貰い受けた子でした。
それでも、前の家ではかわいがられていたとみえて、
家具はかじる、脱走は数え切れず。。。
かなりてこずりました。
私が小さかったので、家の中で飼い続けられず、
外に出されてしまいましたが、
死ぬ直前は家の子になっていました。
それからは大体数ヶ月位で来た子達を育てましたが、
結構しつけが大変でした。
決して成犬だからといって、育てにくくはないと思います。
返って保護されている間に、教育されて
里親さんの元へ巣立っていく子達もいるようです。
ひやかしで里親になれるものではないと思いますから、
「かわいい」といって、ペットショップで飼う人達よりは
真剣に向き合えると思います。
今度犬を飼うことがあれば、成犬の里親になろうと思っています。

子供の時はどの犬でも凄く可愛いですよね。
家は、皆赤ちゃんの時を知らないです。にこは
かろうじて4ヶ月で家に来たけど、
この時点ですでに大きかったe-263
でもうちの子になったら何歳とか関係無に
可愛いですよねe-266
いま、里親募集しているわんこも皆本当の
お家が見つかると良いですね。
それにしても、ジル君の写真を見ていて思った
のですが、毛並みも表情も昔と比べると全然違っ
てますよ。
今のジル君はフサフサで穏やかな顔しているし
幸せオーラでまくりですよe-266
強運+幸せオーラで無敵のジル君ですねe-278



ポメラニアン里親募集の件

朗報です^^
この子達を保護してくださっている方が
ポメ好きの人で保健所には絶対つれていかないので安心してくださいと連絡をいただきました
現在7匹に子達が 新しい里親様が見つかりました。まだまだ13匹の子達が
新しい飼い主さんを探してます
多頭飼いに方は 要相談みたいですが
だれか 素敵な飼い主様おりましたら
よろしくお願いいたします
http://pomeraniandream.net/sato-oya-boshu.htm
↑こちらで 詳しい情報がわかります

子犬からでも 成犬からでも どんなときでも
縁があって めぐり合えたのならば
きっと 素敵な家族になれると思います。
ポメちゃんたち、
ジルちゃんみたいに 優しい里親さんに出会えて素敵な家族になれるといいですね。

仔犬から飼いたいって思う気持ちはわかります。
ワタシがキョウスケを迎える時にそう言う気持ちを持っていたからです。
でもキョウスケとの生活を始めてからワンチャンなどのイロイロな情報が入ってくるようになってきてその考えは変わってきました。
確かに仔犬を見れば可愛いし、癒されるけど教育、しつけなどものすごく大変でした。
それを考えればもうそういう事が頭に入ってて、きちんとできる子の方がきっと飼いやすいと思います。
ほんと軽くノイローゼみたくなった時期もあったけどそれを乗り越えたから今は可愛くて仕方ありませんが・・・
でも実家にいる子は6ヶ月の時に来ました。
慣れるまでに少し時間は掛かったけど全く問題ないいい子でした。
半年もペットショップにいたからなぜなんだろうと思ったけどワタシは巡り合いだと思ってすぐ決めました。
父が体を壊してワンチャンでもいればお散歩などでリハビリ代わりになるんじゃないかと思って購入したんです。
最近、イロイロ病院に通う事が多くなってるんだけどまだまだ元気いっぱいだと言っていたので安心してますが。
チョコチョコ腰の関節炎で発熱したりしてたんです。
今はご飯もいっぱい食べて元気だと。

20匹のポメちゃん、気になってます・・・
全ての子の画像が見れたら嬉しいんですけどそれも大変ですよね。。。
キョウスケと同じ位の子いたから・・・

ジル君とは糸が繋がっていたんですね。保護犬も色々ですよね。動機は軽くても決意が固ければいいのかな…と。自分がそうなので(^-^)
子犬は可愛いですよね。でも買わない決断は大事だと思います。だって結局繁殖屋を喜ばせてしまうから。辛い選択です。
20ポメさんはほぼ家の目途はついているようですよ。代理のブリーダーさんがいろんな方にお願いをしているとおっしゃってましたよ。

e-196コメントを寄せて下さったみなさまへ

す、すみません~!!
あまりにも疲れて、お返事を書いてる途中で意識が無くなってしまったようです。
あとになって、自分の書いたものを見て愕然としました。。。
誤字脱字、混乱した文章etc. 大変失礼致しました。
「なんじゃこりゃ~!」と思われた方もいらっしゃったかと思います。
一旦削除して、意識が正常に戻りましたら、改めてお返事いたしますので、
いましばらくお待ちください。

それと、情報が錯綜してしまっていた「成犬ポメ×20」ですが、
施設送りにはならず、全員決まるまで仮親さんが面倒を見て下さるそうなので、
どうぞご安心ください。
もうすでに何組か譲渡成立しているとか。
多頭飼いも、条件次第ではOKだそうです。
みなさま、お知り合いの方などにぜひご紹介ください。


e-196改めまして・・・

やっと意識が回復しましたので、あらためてお返事をいたします。
遅くなってすみませんでした~e-330


e-196ねお さん

ねおさんは、お一人でワン・ニャン計4匹の世話をしてて、
ホントに素晴らしいです♪
今はジルで手一杯ですが、私もいつかそんな生活をしたいと憧れます。
フリーランスか何かで、自由な仕事スタイル生活できるようになれば、
私でも、預かりママさんになれるかな、なりたいな・・・と思います。
ネオくんの強運もいただき~っ!e-266


e-196ちくりん妻 さん

時間が経って記憶があやふやになってしまう前に、
いつか必ずどこかで書き留めておきたいと思っていました。
ポメちゃん×20匹が後押ししてくれ、この度、記事にすることができました。
長文になってしまいましたが、ちくりん妻さんのように、きちんと読んでくださって、かつフィードバックしてくださる方がいることは、本当に有り難いです。
多頭飼い不可のところ、わたしも引っかかってたんですが、
要相談ということのようで、絶対条件では無いようです。


e-196さくらのおねぇ さん

いち早く朗報を届けてくださってありがとうございます!安心しました~。
私のまわりにも、声をかけてみます。

実は私、ジルが来るまで「人間のこども」がちょっと苦手だったんです。
でもジルを通して、こども達とコミュニケーションがとれるようになりました!
ジルのお陰で私自身も成長できました♪

ジルのパピー時代も気になりますが、せめて前の飼い主さんのもとで、
どんな暮らしをしていたのかが知りたい!と思ってしまいます。


e-196のりりん さん

エラソーなこと書いた私自身が、実は「飼うなら当然パピーでしょ」
と思っていた張本人ですe-263
だから、そういう人を責めたり、説得したり、ということはできないし、
する資格もありません・・・。
ですから、のりりんのように、意識が変わった方と巡り合えることは
このうえない喜びです♪


e-196ひなと。さん

ひなと。さんのおっしゃる通り!
うちのコになったら、何才だろうと無条件にかわゆいですe-266
まだ若いにこちゃんはもちろん、チビ太くんだって、
まだまだパピーみたいでかわゆいです~e-276 幸せな証拠ですネ♪
私も今回改めてジルの昔の写真を見て、まだ1年も経ってないのに
かなり変化していることにびっくりしました!


e-196ぽめちょふ さん

振り返ってみて、改めてジルとの「縁」を感じました。
縁がつながらなかったコは、うちに来るよりも
幸せになれる家庭に行ったんだと思います。
ジルに出会う前に、他のコの里親になってたら、
ジルはうちのコになってなかったんですものね♪
そして、ジルを通してお知り合いになれた、
ぽめちょふさんをはじめとする沢山の方々とも
かけがえの無い「ご縁」を感じますi-237


e-196キョウまま さん

私もかつては「飼うなら当然パピー」と思っていたので、
キョウままさんの気持ちはすごくよく分ります。
でも、飼う前にいろいろ本を読んでるうち、仔犬から飼う事の大変さや、
成犬から飼う事の喜びなどを知り、意識が変わりました。
まだまだ知らない事が沢山ありますが、ジルと一緒に毎日が勉強です。

ムックちゃんは、そんな経緯があったんですネ!
ご飯いっぱい食べて元気とのこと、安心しました。

20匹ポメちゃん、どのコもかわいいですよね。
みんなにステキな里親さんが見つかりますように!!


e-196いちごまま さん

20匹ポメちゃんたち、写真を見れば、
大切にされていたことが一目瞭然で安心しました。
どんな種でもベビーはかわゆいですよね。
でも、それゆえに起こる悲劇は、何としても食い止めたいです。
もっともっと多くの人に、意識を変えてもらいたいと願っています。

道のりながいですよね・・・

Jil.de.lionさん、出遅れてのコメントすみません。
うちもJilくんと同じ出身ですが、わんこを家族にという方向になったときには里親サイトのことを
知らなくてペットショップを見ていました。

以前、子供のころかわいがっていた柴犬も
そういえば父が、この子犬、明日殺処分されてしまうらしくてつれて帰ってきた!といきなり家族に柴犬が増えたことふっと思い出しました。
ちょうどそのころ里親サイトの存在を知り、
たまたま介助犬の訓練をしたが家族として一生涯を過ごしてほしい(要は不向きだったんですね)というわんこを見つけこのコ!だということで
応募したんです。待てど暮らせど連絡無く、
こちらから再度問合せをしたら既に決定・・・(涙)
その後も、いろんなサイトであ!と思った子は
積極的に連絡したりしたのですがなかなか決まりませんでした。
子供がいるとだめ、共働きはだめ、など
いろんな理由で断られ続けました。

ドックレスキュークラブのおかげでルークと
出会えるまでの道のりは長かったけれど、
決まるときはえ?いいの??というくらい、
はじめからうちに来るようになっていたかのように、ぽんぽんと決まりました。

今、我が家にはルークなしでの生活は考えられません。ずーっとずーっと一緒ですよ!
Jilくんの事は代表さんから聞いていました。
気の強いポメが入ってきて、決まらないかもしれない・・・とこぼしていらっしゃいました。

素敵な家族に恵まれてJilくん、Be Happy!

はじめまして

犬を飼うのにペットショップでの購入と里親募集での両方を検討していますが、思った以上に里親になるのは道のりが長いんですね。
皆さんのお話し、大変勉強になりました。
発見したばかりのページなので、今までの記事をゆっくり拝見させていただきますね。
それにしてもジル君可愛いですね。
うちにもでっかいミニチュアダックスが1匹いますe-276


e-196ガウガウ☆ルーク さん

貴重なエピソードを教えてくださって、ありがとうございます~i-237
気の強いポメ・・・だったんですネi-229
お見合いしたとき、ジルは、
大ジャンプで歓迎、顔なめ&おくちチューの嵐、吠え無しの
「スペシャルよゐこちゃん」だったので、すっかりダマされました~i-232

でも、ジルの熱烈なアピールがあったってことは、
私たちはジルに選んでもらったってことですよね。嬉しいです。

ジルのときも、それまでの長い道のりからは考えられないくらいのスピードで
ぽんぽん決まりました!
決まるときって、そんなものなのかもしれませんネ。


e-196ロビンソン さん

はじめまして!
ネットの海原をのりこえて、遊びにきてくださってありがとうございますv-344
最近、ちょっと重めなテーマが続いてしまいましたが、
読むと癒されるブログを目指しておりますので、
ごゆるりと過去記事を読んでいただければ嬉しいです。
これも何かのご縁。
同じでっかいコ持ち同士、今後ともよろしくお願いしま~す!!

ウチのルークなんて・・・

問題児も、問題児で・・・
もう、暫く里親募集はあきらめて長期戦で
このまま見るしかないとまで言われていました。
ルークは言うことを聞かず、あまりにもひどくて
里親さん宅を渡り歩いたらしいです。
おまけにトレーナーもつけられたのですが
tinaさんの元に帰って来たら時には
余計ひどくなってしまってかえってきたそうです。

でも、私たちが会いに行ったときなぜか
私たち3人の円になっている間にすっと入り
真ん中にちょこんと座りました。
これには代表のtinaさんも驚いていました。

トライアルに入るときも何度も何度もこの子で
いいのかしら?と念押し。

そりゃ、初めはたいへんでした。
相手もこちらの様子を見てるし。でも愛情かけて
ちゃんと応えてあげてると時が解決していきます。
今ではほとんどのコマンドはこなせるしガウガウと
悩むところもたまにありますが
フリーにしても家具や私たちの持ち物には
一切いたずらしません。

ジルくんと一緒で壊すのは自分の
おもちゃだけ(笑) 楽しい毎日ですね!!

ところで毎回長くなり申しわけありません。
DRCTのHPに写真Jilくんのお写真のせたいのですが、
可愛く撮れた写真送っていただけませんか?
何卒よろしくお願いいたします。

e-196ガウガウ☆ルーク さん

ルークくん、そんな問題児だったんですかぁv-12
全然そんなふうに見えないです!びっくりです!!
今は幸せいっぱい!なのがお写真から伝わってきま~すv-344

そして、ルークくん、ジルとの共通点がいっぱいです。
ジルも、当初は筋金入りの問題児でした。
トライアル2日目から、リアイアしそうになるほど・・・v-356
あまりにヒドくて、週1でプロのトレーナーさんに来ていただくことにしたほどです。
ジル費はウナギのぼり的に急上昇v-406
そういえば、tinaさんに報告したら、恐縮されちゃいましたっけ。
でも、ジルに日々の生活を楽しんでもらいたいと願ってのことだったので、
全くの必要経費。それを苦に思った事はありませんでした。

今は元気いっぱいですが、最初の頃はよく病気にもかかりましたしネ。
いろいろあって、抵抗力が落ちてたのかもしれません。

やはり、保護犬にはそれぞれトラウマがありますよね。
どんな目にあってきたのか、想像する度に胸が苦しくなります。。。

掃除機とバイクが敵っていうところまで同じですよぉ!
そして、今は毎日が楽しいっていうのも、もちろん同じですv-398

写真の件、了解いたしました♪
山のようにあるので、選別しまーす。しばしお待ちをv-421

はじめまして。DRCTのHPから飛んできました。
我が家にも保健所出身犬がいます。すごい怖い顔をしたビーグルです。うちのも問題児です・・・(なぜか現在進行形・・・苦笑)
まだDRCTが存在する前でいしたが、
tinaさんが救い出してくださった命です。
なので、卒業犬みたいなつもりで会を応援しています。
その縁があって、会の前身時にちょっとだけお手伝いをしたこともありました。
私たち夫婦も時々「この子が話せたらな~。どんな環境で育ってさまよって保護されたんだか聞いてみたいよ~」と話しています。

e-196めぐみ さん

はじめましてi-261
DRCTつながりで飛んで来て下さり、とっても嬉しいです♪
こちらからも遊びにまいりますネ!
私も何かお手伝いしたいと思いつつ、今はまだ仕事とジルのことで
いっぱいいっぱい・・i-201
せめてブログで地道な広報活動ができれば・・と思ってホソボソと綴っています。
そのうち、DRCTの同窓会とか出来るようになるといいですネ♪
お世話になったtinaさんに、ポメらしくフワフワになったジルを見ていただきたい気持ちでいっぱいです。
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
pagetop
Profile

JIL.de.lion

Author:JIL.de.lion
基本、グータラ・ダメダメ主婦。
時々、デザイナー
たまに、保護犬の運び屋さん。

Jil【ジル】:Pomeranian ♂
約7kgもあるデカポメくん。
ケンカっぱやいくせにビビリンボ。
殺処分を免れた強運が自慢。
アトリエ・シシの看板犬。

Thanks!
訪問してくださって
ありがとうございます!

Search
Categories
Recent Articles
Comments
Archives
Blog Mates
Links
10 Commandments
犬を家族に迎えたいと思ったら・・
まずコチラを読んでみてください。
犬の十戒
My Favorite



カーテンホルダー
小鳥シリーズ


WWF トイレットペーパー
売上の一部がWWFに寄付


ご自宅で薫り高いコーヒーを♪
ドリップコーヒーお試しセット


待機電力をカットできるON/OFF付き
カラフルな MERCURY 延長コード


ふわとろ♪低反発クッション サボ
アーチフィッター クロッグ


充電が早い!コードレスで楽ちん!
RYOBI 充電クリーナ


刃先が丸くて安全!切れ味もイイ!
ペティオ wcカットバサミ


オーストラリア発!100%天然成分
APDC グルーミングスプレー


留守でも安心!自動給餌器
オートマティック ペットフィーダー


ガラスやテラコッタにも押せちゃう!
スタンプ ステイズオン オペーク


シンプルで使いやすい♪
白磁のバターケース(日本製)


愛犬の健康管理に!
フレキシブル体温計


フィンランド製アームサポート
エルゴレスト

+キュートフォントのお部屋+

Ads