初めて「ライオンのつもり」を訪問して下さった方へ

このブログは、保護犬だったワンコの「第2の犬生」を綴ったものです。

2006年12月、保護団体さんのお陰でジルは殺処分を免れました。

獣医さんの診断によると、保護当時推定2才。

6kg超の巨体でしたが、一応「ポメラニアン」ってことでした。

短く刈られたその姿はまるでポン・デ・ライオン!

売れられたケンカは必ず買う!激しい気性はまさにライオン!!

でも本当は、ビビリンボで寂しがりやなワンコでした。

詳しく知りたいと思って下さった方は "ジルについて" からお入り下さい。

「ライオンのつもり」を駆け足で読むなら "総集編" もオススメです♪

「保護犬って何?」と思われた方は "こちら" も読んで下さると嬉しいです。

長い長い一日。

安曇野の旅レポ、まだもう少しだけ続く予定なんですが・・。

ちょっと中断して、今日の出来事を書かせてください。


***
本日は埼玉の奥地まで、長距離搬送をしてきました。
一度に3頭をピックアップする予定だったので、
他のスタッフさんから急遽ケージ&キャリーケースをお借りしました。

jil_rescue01.jpg

先週、代表から搬送のオファーがあったとき、
詳しい事情は何も知らされて無かったので(それはいつものことなので)、
二つ返事で引き受けたのですが。

代表とやりとりをしながら徐々に詳細が明らかになるにつれ、
もしかして・・?!と思ったら、嫌な予想が当たってしまい、
「ブリーダー放棄」ワンコのレスキューとのことでした。

しかも、私ひとりで現地に行って、直接の引き渡しだというじゃないですか!

実は私、搬送ボランティアに携わるようになってもうすぐ5年目ですが、
未だに収容施設とか、ブリーダー崩壊現場とか、そういう生々しい現場に
立ち会ったことは無いのです。

お恥ずかしい話ですが、とても弱い人間なもので、
「現場」を見てしまうと自分の心がダメになってしまいそうで
(サイコパスが濁ってしまうような気がして・・)
あえて今まで避けて通っていました。

でも、とうとうそんなことも言っていられなくなり・・
長距離なのが気にならないほど心臓バクバクで向かいました。

jil_rescue02.jpg

「現場」に着いたら、すぐ担当らしき人が出てきて、
ピックアップ予定のワンコも「こちらに用意してます」と言われ、
あれよあれよというまに積み込みも完了し、
あらら。なんだか事務的な感じ。少々拍子抜け。
何も見ず聞かず、で平和なうちに立ち去れるかと思った矢先。

突如、車内にプ〜ンと漂ってきたのです・・あのニホイが・・

ワンコのひとりが、ケージの中でうんPをしてしまったのです〜!
まだ出発前だったので、さっきの人に処理を手伝ってもらおうと
慌てて呼び戻しに犬舎の方へ行ったのですが。

その時。

犬舎の扉が開かれたとたん、耳をつんざくような大音量の
犬たちの声、声!!

そして、目に飛び込んできたのは、たくさんのケージ。
ひとつのケージの中にギュウギュウに詰め込まれた犬たち。

開かれたドアの方に向かって、興奮して、大暴れしています。

私は、その場で凍り付いてしまいました。


みんな、あの中で一生を過ごし、産ませるだけ産まされて、
用済みになったら捨てられるんだろうか。
そんなことが許されていいんだろうか。


jil_rescue03.jpg

今回レスキューしたのは、キャバリア、パピヨン、そしてポメ。


jil_rescue04.jpg

ポメちゃんは、ジルと同じクリームでした。


「見てしまった」動揺で、息苦しくて泣きそうになるのを必死でこらえ、
(泣いてたら事故っちゃうしね!でもちょっと事故りそうになったけどサ!)
3頭を無事、代表のところまで送り届け、任務完了。

代表から「今後も(あそこに)行けそう?」と心配そうに尋ねられました。
それは"用済みワンコ"は今後も定期的に出るってことを意味しています。
そしてその受け皿のひとつが当団体だということ。

ボランティアを続けていくためには、心の敏感な部分に
ちょいとフタをしないといけないんでしょうね。

とても疲れた、長い長い一日でした。


★おかあさんが、変なニホイをいっぱい付けて帰ってきた!
と動揺しているジルをポチっと応援してね〜!
   ↓ ↓ ↓
banner_ranking.gif


ジルが看板犬をつとめるショップです♪
pagetop

Comments

見なくても・・・

目に浮かびそうな光景
文章だけで涙が・・・
出して欲しいですよね・・・
外に行きたいですよね・・・
私は弱い人間です
現実を見なくてはいけないんですね
どうしたらいいんでしょう
何をしたらいいんでしょう
クリームポメちゃんは繁殖ポメちゃん卒業なんでしょうか?
それとも・・・
抱っこして、ぎゅっとしたいです
レスキューされて空を見ているようなキャバリアちゃん、
素敵な出会いがありますように
幸せの扉が開いた最初の日6月5日ですね
3ワンコが幸せになれますように
そう願っています

こんばんは

お疲れ様です
私も弱い人間なので直視できないと思います
全部放棄した後は、ブリーダー業は廃業してくれるのでしょうか
3匹いなくなったらまた新たに3匹飼い始めるなんてことにならないのか心配です
きっと引き取るにあたっての条件があるのですよね
今日、ジルママさんが連れ出してきたワンコさんは一足早く幸せの第一歩を踏み出せて本当に良かったです

ブリーダからの引き取りは、いろいろ考えさせられますよね。。。
崩壊現場ではなく、引退犬の引き取りで、変な話少しホッとした自分がいます。
崩壊現場は、、、正直、凄まじすぎて、この子達がセリにかけられて、ペットショップへ行く予定だったの??どう見ても、遺伝性疾患があるやん!!・・・とか。。。
お金になれば、なんでもいいんでしょうね。。。
ペット業界の裏側の恐ろしさを目の当たりにした、あの衝撃的光景&吐きそうなニオイ、一生忘れることないと思います。

みんな優しい家族のもとに迎えられ、家庭犬の幸せを存分に満喫してほしいですね。

私も読んでるだけで喉がつまり泣きそうになってます。
弱いですよね.....。
言いたいこと、書きたいこと、たくさん有るような無いような、けっきょく何も文章にできません。
引き取ってきたワンコちゃん達、良いご縁がありますように。
心から祈っております。

ゆううつですね

こんばんわ

ゾッとする光景が目の前に。。。

こんなブリーダーが無くなるといいのに。。。

もっと法が整備されるべきです!

学校教育も低学年から動物の命の大切さを教えるべきです!

一つでも尊い命が救われる事を祈ります。。。

つらいですね

職場の昼休み。ブログをみて涙が出てしまいました。私は現実から目を背けてしまう弱い人です。
ジルままさんの衝撃はいかほどかと思い心が傷みます。ほんの少しづつでも幸せワンコが増え、劣悪なブリーダーがなくなる事をねがいます。
そしてその一助を担っているジルママと、お留守番がんばってるジルくんにエールをおくります!

e-196フランママ さんへ

重い内容なので、どこまで書くか悩みましたが・・
やっぱり見てしまったからには、書かないと!と思いました。
クリームポメちゃん、おそらく引退なんだと思います。
もう狭いところはイヤ!とばかりに
キャリーに入るのを全身で拒む小さな体を
ギュッと抱きしめてあげたくなりました。
3ワンコにとって多分初めての外の世界。
幸せの扉が開いたのだと信じたいです!


e-196kimmy さんへ

今回は、ブリーダー崩壊というわけではなく、
繁殖後の用済みワンコの放棄だったようです。
なのでブリーダー業はそのまま続行。
きっと今後も、同じようなワンコが排出されるのだと思います。
ペット業界の裏側の一端を見てしまった気分です。
悲しく、やるせない思いです・・


e-196ひなたママ さんへ

崩壊現場は、やはり凄惨なのですね・・
私が見た光景なんて全然マシな方なんだと思うと、
さらにやりきれない思いです。
ペットブームの裏側で何が起こっているのか・・
異常としか言えません。
家庭犬の幸せを存分に・・本当にそうですね!
今までの分を取り返すほどの犬生を送って欲しいと思います。


e-196レイママ さんへ

レスキューしたワンコが
「このまま帰っちゃダメだよ!自分の目でちゃんと見なくちゃ!」
と私に促すため、あえてうんPをしたのかも・・。
なんて思っちゃいました。
なので、重い内容だけど・・
見たことをちゃんと書き記すことにしました。
読んでくださったみなさまの祈りが、届きますように!!


e-196のりりん さんへ

やっぱり学校教育が大事ですよね。
小さい頃から、命の大切さを教えて欲しいです。
悪徳ブリーダーには、きっと天罰が下ると信じています!!
どのワンコにも、家族を持つ幸せが訪れますように・・


e-196ワンきち さんへ

私も、ずっと「見ないように」してきました。
なるべくワンコたちの幸せなシーンにだけ立ち会いたくて
避けてきたような気がします。
でも「見ちゃった」から・・。
辛いけど、直視しないとダメですね。
心が折れないように、みなさまからのエールを胸に抱きます☆

お疲れ様でした
ブリーダー放棄犬、ひどい話です・・
中の様子を見て凍りついてしまったジルママさんの様子、
考えたら涙が出ます
ギュウギュウのゲージの中の犬たち、
そんな様子を実際に見た事はありませんが、
写真で見た事があり、とてもショックで、
思い出すたび涙が出ます
売る人には、ただの商売道具なのでしょうけど・・
生きている命を扱うんだから、そんな対応でいいわけないですよね
そんなブリーダーが、今も平気で繁殖をしているなんて、
信じられません・・
今回助けられたワンちゃんたち、今頃ホッとしているんでしょうね・・
みんな、幸せになってほしいです

e-196cooco さんへ

見たくなかったけど・・
見てしまった、聞いてしまったから・・
一生忘れられない光景になりそうです。
一瞬、自分はドラマでも観てるのかと思いたくなりました。
現実のこととは信じたくなかったです。
金儲けの道具にされてるということは、
こういうことなんですね。
みんな幸せな家族を見つけて欲しいのに。
助けられるのは一握りなんですよね。
後ろ髪を引かれる思いでした。

ブリーダー放棄ってそういうことだったんですね。
いらなくなったら捨てる。
うちの騎々もそうだったのか?
鳥肌が立ちます。
涙も・・・

辛い現実・・・放棄された子は幸せになれますね!
ホントにお疲れ様でした。

e-196nanaco。さんへ

さんざん産ませておいて、引退したら用済み。
あるいは、繁殖能力が低かったり病気が見つかったりしたら見捨てる。
そんなブリーダー放棄犬をさまざま見てきましたが
直接現場に行ってレスキューするのは初めてだったので
本当にショッキングでした。
どのコにも、優しい家族の一員になる幸せが訪れますように☆
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
pagetop
Profile

JIL.de.lion

Author:JIL.de.lion
基本、グータラ・ダメダメ主婦。
時々、デザイナー
たまに、保護犬の運び屋さん。

Jil【ジル】:Pomeranian ♂
約7kgもあるデカポメくん。
ケンカっぱやいくせにビビリンボ。
殺処分を免れた強運が自慢。
アトリエ・シシの看板犬。

Thanks!
訪問してくださって
ありがとうございます!

Search
Categories
Recent Articles
Comments
Archives
Blog Mates
Links
10 Commandments
犬を家族に迎えたいと思ったら・・
まずコチラを読んでみてください。
犬の十戒
My Favorite



カーテンホルダー
小鳥シリーズ


WWF トイレットペーパー
売上の一部がWWFに寄付


ご自宅で薫り高いコーヒーを♪
ドリップコーヒーお試しセット


待機電力をカットできるON/OFF付き
カラフルな MERCURY 延長コード


ふわとろ♪低反発クッション サボ
アーチフィッター クロッグ


充電が早い!コードレスで楽ちん!
RYOBI 充電クリーナ


刃先が丸くて安全!切れ味もイイ!
ペティオ wcカットバサミ


オーストラリア発!100%天然成分
APDC グルーミングスプレー


留守でも安心!自動給餌器
オートマティック ペットフィーダー


ガラスやテラコッタにも押せちゃう!
スタンプ ステイズオン オペーク


シンプルで使いやすい♪
白磁のバターケース(日本製)


愛犬の健康管理に!
フレキシブル体温計


フィンランド製アームサポート
エルゴレスト

+キュートフォントのお部屋+

Ads